Ai_eyecatch_55

<登場人物>

ロキ
デザイナーを目指す未来からきた女の子。人々にドキドキを届ける一人前のクリエイターになるためにスキルアップの真っ最中。

ボロちゃん
ひょんなことからロキにデザインを教えることになった渋谷に生息するドブねずみクリエイター。ペディグリーチャムが大好物♡

 

ボロちゃん。広告のデザイン依頼で「はじけるように」っていうリクエストがあったんだけど、なんかしっくりこないらしいのよ。。

ふむ。。ちょっとみてみようか。

ボロちゃん、解決できるでしょうか。ロキの問題を解決しながらアートブラシツールを学んでいきましょう。

 
Illustrator(イラストレーター)は文字や図形、色を構成してデザインすることができます。様々な形状の素材をパスに設定してに自由な動きをつけられる、「アートブラシ」を自作する手順を紹介します。

使用バージョン

Adobe Illustrator 2021(25.3.1)

目次
ブレンドツールで素材をつくる
アートブラシの作成
アートブラシの応用イメージ
まとめ

ブレンドツールで素材をつくる

illustrator_artbrush01a
 

この2つのイメージを見てもらったんだよね。右のほうが希望に近いそうなんだけど、もっとはじけるイメージにしたいんだって。。

なるほど、それじゃあ今回はアートブラシを使ってみよう!

アートブラシの作成

素材の制作

illustrator_artbrush02a
①[楕円ツール]で大小2つの正円を作成します。[整列]の「垂直方向中央に整列」を使って揃えておいてください。
 
illustrator_artbrush03
②2つの円を選択してから、メニューバー「オブジェクト」→「ブレンド」→「作成」を選択します。
 
illustrator_artbrush04
③連続する形状にしたいので調整します。
 
illustrator_artbrush05
④メニューバー「オブジェクト」→「ブレンド」→「ブレンドオプション…」を選択します。
 
illustrator_artbrush06

illustrator_artbrush07
⑤「ステップ数」を調整してオブジェクトが連続するよう数値を設定します。
 
illustrator_artbrush08
⑥目的の形状にしあがりました。
 
・「Illustrator(イラストレーター)ブレンドツール」もあわせてご覧ください。
 

制作の展開を予想して手順やツールを選びましょう

わざわざ「ブレンド」を使わなくても3つのオブジェクトで目的の形状は作成できます。
illustrator_artbrush09
同様の手順でできる「ブレンド」で作成しておけば、その先の表現を要求されたときにスムーズに展開することができます。ですが、
illustrator_artbrush10

アートブラシの作成

illustrator_artbrush11
①「素材を選択」→「新規ブラシアイコンをクリック」→「アートブラシを選択」
 
illustrator_artbrush12
②「ストロークの長さにあわせて伸縮」と「方向」を選択します。
 
illustrator_artbrush13
③自作アートブラシの完成です。
 
illustrator_artbrush14
④ツールバーから「ブラシ」を選んで描画できます。
 

POINT

 
illustrator_artbrush15
より一層はじけるイメージを描画することができました。

ボロちゃん、ありがとう!これでかなりお客様のイメージに近づいたと思う!

応用パターン

同じ工程で制作すれば、いろいろな装飾が可能になります。

ブレンドでの色違いイメージ

illustrator_artbrush10
①素材を「ブレンド」で作っておくと色彩豊かな展開ができます。
illustrator_artbrush16
②デザインの適用してみました。お客様のイメージの少し先にデザインが着地していれば大成功です。

イラストの展開例-草の表現-

illustrator_artbrush17
手順に沿って「アートブラシ」を作成します。
illustrator_artbrush18
パスの長さによって伸縮するので、スムーズに草のイメージを展開できます。同様に「同じ形で長さ違い」の表現にピッタリです。

まとめ

「素材集などからふさわしい1つを見つける時間がもったいない。図形なら作れる。」という条件の方に特にピッタリのブラシツールの使い方でした。

図形ツールとアートブラシで装飾素材が作れる
自作ブラシは意外とカンタン
グラデーションで作成されたオブジェクトはブラシ素材として使えないので、「ブレンド」と「クリッピングマスク」で回避。
素材の形状を手軽に伸縮できるのでカンタンに表現の展開が可能。